「思い当たることはありませんか?」シリーズ

技術者現地派遣も対象?

当社は海外でのお客様からの要望で、技術者を現地に派遣し、直接お客様の要望や弊社の技術を売り込むような機会を年に数回設けて、ビジネスチャンスを増やしている。

問題点

技術者が海外出張して、取引先と技術的な打合せを行う場合も輸出管理の対象となる。

リスク

打合せの内容がリスト規制技術に該当した場合又は、キャッチオール規制による懸念があった場合は、無許可提供となる。

対策

海外出張で取引先と打合せを行う場合には、想定される打合せの内容について、あらかじめ該非判定を行い、リスト規制に該当しないことを確認するとともに、キャッチオール規制で客観要件を確認してから行う。該当した場合は、事前に役務取引許可を取得する必要がある。

PAGE TOP